CFITSIOにおけるFITS ファイルの特徴

FITS の拡張ファイル名

(主語がない場合はCFITSIO)

サブルーチンの説明

これはFITSIO for Fortran Userの日本語訳です。
  1. インターフェースサブルーチン基礎編






  2. インターフェースサブルーチン応用編

    基礎編に出たものは省略



パラメータの説明


Parameters Explanations
readwrite access type of file. readonly for value=0, and writable for value=1

FITS ファイルの書き方



パラメータを入力する必要があるものに関してはいつも > を付けて説明してある。
  1. IMAGE HDU
    1. 既に存在する同名のFITSファイルを消去
      DELETEFILE(filename,status)
      > status = 0 > filename = "filename_to_be_written.fits"
    2. 新しいFITSファイルにユニットを割り当てる
      FTGIOU(unit,status)
    3. 空のFITSファイルを作る。パラメータ blocksize は特に意味なし(常に =1 として問題ない)
      FTINIT(unit,filename,blocksize,status)
      > blocksize = 1
    4. 必要なヘッダーを書き込む
      FTPHPR(unit,simple,bitpix,naxis,naxes,pcount,gcount,extend,status)
      > simple = .true.
      > bitpix = 8, 16, 32, -32, or -64
      > naxis = number of axes
      > naxes(naxis) = length of each column
      > pcount = 0
      > gcount = 1
      > extend = .true.
    5. CHDUにデータ配列を書き込む。
      FTPPRJ(unit,group,fpixel,nelements,array,status)
      > group = 1 殆んど使うことはなく常に 1 でよい
      > fpixel = 1 書き込み開始ピクセル。最初から書き込む時は 1 にする。
      > nelements = 全要素の数( = naxes(1)×naxes(2)×....naxes(n))
      > array = 書き込む要素の配列(実際のデータ)
    6. FITSファイルを閉じ、メモリを解放する。
      FTCLOS(unit, status)
      FIFIOU(unit, status)